登頂成功!   第6日目午前

 12月28日朝起きてみると雪がちらつき山々もまったく見えない。
 昨日ランタン谷の奥まで行くことができ、ちょっと早いが下山しようかと準備を始めると、そのうちに雪が止み視界も良くなってきた。

 カトマンズへ帰るにはまだ時間の余裕もあり、一度失敗した裏手のピークに再挑戦する事にする。


 【第1のピークから見る第2のピーク。中央はリルン氷河】

ピークからのリルン氷河 
 天気が悪いせいか誰も登っていなくやや心細いが、前回のが嘘のようにすいすいと登られる。
 高度を上げると、風もありかなり寒くなる。
 チョルテンのあるピークに達してみると、視界はやや悪いがかえって迫力のある山々ががモノトーンで目の前いっぱいに広がり寒さもしばし忘れるほど。 
   






     

【尾根道を振り返る】

尾根道
 調子に乗り第2のピークにも挑戦する事にする。
 第2のピークへの尾根道はやや細くなり、降った雪も残っていて慎重に進む。
 












   【第2のピークでセルフポートレイト】

ピークで万歳 

 第2のピークにも難なく到達。
 ランタンリルンの迫力はさらに増して見える。

 このピークはガイドブックによると、4,700mとなっているが、3,850m地点から2時間程度で登られたのだからもっと低いと思える。

 天気が良い時にこのピークで昼寝するとさぞ気持ちいいだろう。






 【ホームページ】【トレッキング目次】【次のページへ