全体の工程の流れ
選抜されたプロジェクトチームは、その優位性を活用した一貫した複合システムで地域に配慮し、企画設計・設計条件を具体的な形で構築します。実施設計段階では問題点を解決すべく各々の得意分野を最大限に活かします。
施工段階では設計図書を基に工事監理を行い、完成へと進めます。当組合は個々の経済活動の促進や社会的 地位の向上だけではなく、福井県の地域文化の向上に寄与すべく努めます。


  
     
・企画設計は、建築物の生産プロセスの第一段階で、後々まで大きな影響をもたらす重要な部分です建築主との意志の疎通を十分に図りながら、 要求や条件を分析し整理していきます。建築主のほかに、完成後それを利用する人や地域環境を考慮し、注意深く冷静に判断し、設計条件にまでまとめていきます。


・企画設計によってまとまった設計条件をもとに、建築物の具体的なイメージ を探求していくことが、第二段階の基本設計です。ここでは公共性や安全性、快適性を十分考慮した上で、どのような建築物にしていくかを検討します。この2つの段階で建築物の構想が確立されます。

・建築物の構想がまとまると実施設計段階に入り、設計作業のうち最も多くの労働量と時間をかけて建築物を細部にわたって明解にしていきます。

・実施設計段階の後、工事が着工されると同時に実施設計による設計図書をもとに責任をもって工事監理を行い、建築物の完成へと進めていきます。

・また、建築主にかわって工事着工から完成後引渡しまで、施工者に対して適切に確認、指導を行います。

企画設計の項目
 1 建築主の要求の確認
  ◎機能 ・ 性能 ◎規模 ◎性格 ◎予算 ◎工期
 2 建築主の要求の検討
  ◎機能的可能性 ◎技術的可能性 ◎法的可能性 ◎経営的可能性 ◎財政的可能性 
 3 設計条件の設定
   ◎企画の目的 ◎建築物の用途 ◎建築物の規模 ◎将来の構想 ◎敷地 ◎工程 ◎発注方式 ◎工事費 ◎環境
 4 作成される設計図書
   ◎配置図 ◎平面図 ◎立面図 ◎断面図 ◎矩計図 ◎面積図 ◎仕上表 ◎構造概要図 ◎設備概要図
   ◎透視図 ◎工事費概算図 ◎概略工程図 ◎モンタージュ写真(模型)
 
基本設計の項目
 5 配置計画
   ◎敷地 ・ 環境条件の調査 ・ 分析 ◎ブロック構成と配置の検討
 6 空間計画
  ◎人 ・ 物の動線計画 ◎環境調整の方法 ◎空間の性格づけ ・ 相互関係 
   ◎空間構成(ゾーニング ・ 連続と分離 ・ユニット空間)
 7 構造計画
  ◎構造方式の検討 ◎構造部材の構成 ◎耐震計画 ◎基礎構造の検討 ◎骨組部材断面の検討 
 8 コスト計画
   ◎コスト比較 ◎コスト配分 
 9 設備計画
   ◎空気調和設備計画 ◎給排水衛生設備計画 ◎電気設備計画 ◎輸送設備計画 ◎防災設備計画
 10 生産計画
  ◎主要部材の生産方式 ◎基準寸法の確立 ◎建築各材の部品化 ◎交通 ・ 輸送方法 ◎公害防止対策
 
実施設計の項目
 11 見積書の作成
   ◎概算見積 ◎明細見積 
 12 構造計算書の作成
   ◎荷重計算 ◎準備計算 ◎架構応力の計算 ◎断面算定 ◎接合計算 
 13 仕様書の作成
   ◎工事概要 ◎仕上表 ◎共通仕様書 ・ 特記仕様書
 14 実施設計図の作成
   ◎一般図 ◎構造図 ◎設備図
 15 各部の設計
   ◎固有な空間の設計 ◎共通な空間の設計 
 
工事監理の項目
   ◎工事実施と竣工の確認  ◎設計変更の処置 ◎設計図書と実施工事の照合確認   
   ◎工事費の確認、支払いの承認 ◎工法 ・ 工事程度の監督  ◎工事契約に関する業務の協力 
   ◎施工図書 ・ 見本品等の点検 ・ 承認  ◎詳細図の作成 ◎施工計画 ・ 工程の管理・指導 
 
保守の項目
   ◎報告書の作成 ◎定期調査 ・ 検査


協同組合 福井県建築設計監理協会
事務所/〒910−0859 福井市日之出5丁目4−7
TEL:0776−53−2066     FAX:0776−53−9810

メール:jimu@sekkan.or.jp
Copyright(C) hukuikenkentikusekkeikanrikyoukai. All rights reserved