官公需適格組合

官公需適格組合制度とは?
 官公需適格組合制度,、官公需の受注に対して特に意欲的であり且つ受注した契約を十分に責任を持って履行できる経営基盤が整備されている組合であることを中小企業庁が証明する制度です。

官公需適格組合は信頼性と技術力に優れています
 この証明証を頂いている当組合は36年間法律の定めている2年毎の厳しい審査を受け合格基準を満たし、現在も維持しております。私たちは国や県が認可した法人であるとともに、技術力の面でも豊富な人材、確かな技術で高い評価を受けております。民主的かつ公平運営が制度的確保されている信頼性の高い組織であることも証明されています。平成22年10月には優良組合の表彰近畿経済局長賞を受賞いたしました。官公需適格組合の主旨をご理解頂き組合をもっと積極的に活用して頂き安心してお任せ下さい。
 
官公需適格組合の受注体制
 官公需適格組合は中小企業団体中央会の指導・支援をうけながら、組合員である中小企業者が一体となって、受注契約を確実に履行するための技術力や施工・生産・役務提供能力等の向上と発注機関の信頼に十分応えることのできる責任体制の維持のため最大の努力を払っています。これらの組合では共同受注規約を定め、共同受注委員会を設定して、契約した案件に対する各組合員の仕事の分担と連帯責任体制を明確にしています。また工事等の契約案件が確実に履行されていることをチェックする検査員を置くなど検査体制も確率されており、工事等に関する一切の責任は組合が負うこととし、さらに実効性を確保する為に役員及び担当した組合が連帯して責任を負う仕組みをとっています。
  
 
 官公需適格組合の組織体制
     
 


協同組合 福井県建築設計監理協会
事務所/〒910−0859 福井市日之出5丁目4−7
TEL:0776−53−2066     FAX:0776−53−9810

メール:jimu@sekkan.or.jp
Copyright(C) hukuikenkentikusekkeikanrikyoukai. All rights reserved