福井市文化会館 

( 単位 円 )
 基本利用料金(セット料金)
        時間区分


 種別
午 前 午 後 夜 間 全 日 昼 間 昼 夜 間
9時〜12時 13時〜17時 18時〜22時 9時〜22時 9時〜17時 13時〜22時
3時間 4時間 4時間 13時間 8時間 9時間
ホール 平 日 28,000 39,900 43,200 99,300 66,900 83,100
土・日・休日 33,400 48,600 51,800 120,900 82,000 100,400
楽 屋 楽屋 1 号 1,180 1,620 1,720 4,100 2,800 3,450
楽屋 2 号 2,260 3,240 3,450 8,100 5,500 6,690
浴  室 860 1,180 1,290 3,020 2,050 2,480
集会場 1階応接室 750 1,080 1,180 2,800 1,830 2,260
第2応接室 1,620 2,370 2,590 6,040 4,100 4,960
第3応接室 2,480 3,670 3,880 9,070 6,150 7,560
第2会議室 3,340 4,750 5,180 11,980 8,100 9,930
第3会議室 2,910 4,210 4,530 10,580 7,120 8,740
第5会議室 1,180 1,720 1,830 4,210 2,800 3,450
大会議室 6,370 9,280 9,930 23,220 15,660 19,220
【 備  考 】
 1. 「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)第3条に規定する休日をいう。
 2. 利用料金は、セット料金とする。
 3. 時間区分の午前と午後又は午後と夜間にわたって利用する場合の12時から13時まで及び17時から18時までの時間帯の
   基本利用料金は、午後のセット料金の1時間当たりの料金とする。
 4. 利用申請の時間を超えて利用した場合の当該超過時間に係る基本利用料金は、午後のセット料金の1時間当たりの料金に
   当該超過時間を乗じて得た額とする。この場合において、利用時間に30分未満の端数があるときは、これを切り捨て、
   30分以上の端数があるときは、これを1時間として利用料金を算出する。
 5. 利用者が入場料その他これに類するもの(以下「入場料」という。)を徴収する場合は、基本利用料金に、次の各号に
   揚げる入場料の額の区分に応じ当該各号に定める額を加算する。この場合において、額の異なる2種以上の入場料を
   徴収するときは、その最高額について当該各号の規定を適用する。
   (1) 入場料が 300円以上 500円未満の場合 ・・・ 当該基本利用料金の40パーセントに相当する額

   (2) 入場料が 500円以上 1,000円未満の場合 ・・・ 当該基本利用料金の60パーセントに相当する額

   (3) 入場料が 1,000円以上 3,000円未満の場合 ・・・ 当該基本利用料金の80パーセントに相当する額

   (4) 入場料が 3,000円以上 7,000円未満の場合 ・・・ 当該基本利用料金の100パーセントに相当する額

   (5) 入場料が 7,000円以上の場合 ・・・ 当該基本利用料金の150パーセントに相当する額
 6. 前項の規定にかかわらず、営利・営業・宣伝その他これらに類する目的のために利用する場合は、基本利用料金に
   次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める額を加算する。
   (1) ホールを利用する場合 ・・・ 基本利用料金の 150パーセント に相当する額

   (2) 集会場又は楽屋を利用する場合 ・・・ 基本利用料金の 100パーセント に相当する額
 7. 冷房又は暖房を利用する場合は、基本利用料金に次の各号に掲げる場合の区分に応じ当該各号に定める額を加算する。
   (1) ホールを利用する場合 ・・・ 平日の基本利用料金の80パーセントに相当する額

   (2) 集会場又は楽屋を利用する場合 ・・・ 基本利用料金の60パーセントに相当する額

     (第3応接室は、基本利用料金の40パーセントに相当する額)
 8. テレビ又はラジオの中継をする場合は、基本利用料金に、テレビの中継にあっては1回につき5,940円を、ラジオの
   中継にあっては、1回につき1,620円を加算する。この場合において、午前、午後又は夜間の利用区分をもってそれぞれ
   1回とする。
 9. 準備・練習等のためホールの舞台のみを利用する場合の利用料金は、第2項から第4項までの規定により算出したホールの
   利用料金の50パーセントに相当する額とする。
10. 利用料金の算出に当たって、ホールについては100円未満の端数を、その他については10円未満の端数を切り捨てる
   ものとする。